白山比咩神社に関する令和6年のお知らせを掲載しています。

お知らせ

お知らせ

能登半島地震神社復興支援募金のお知らせ

境内に能登半島地震神社復興支援募金箱を設置しています。
石川県内で被災された神社に支援するための募金でありますので、何卒ご協力お願い申し上げます。
なお当社氏子青年会も2月中、境内で募金活動を行い、青年会同士交流のある能登町宇出津鎮座の酒垂神社祭礼復興のための資金として活用致します。

【重要】郵送での御祈祷受付、御神符・お守りなどの送付について

郵送での御祈祷の申込みをお受け致します。
また、「御神符」・「お守り」は神社に参拝して、直接お受けいただくのが本来ですが、諸事情によりご参拝が困難な場合や遠方にお住まいでお急ぎのご用件の場合には、郵送によるご送付を承っております。


令和6年のお知らせ一覧

掲載月お知らせの内容
令和6年4月【5月16日開催】佐々木忠平 特別講演のご案内 new
令和6年4月4月の祭典・行事のご案内 new
令和6年3月みそぎ体験(昇殿参拝付)のご案内(白山市観光連盟主催) new
令和6年3月白山茶会のご案内 new
令和6年1月宮司 年頭のご挨拶
令和5年11月令和6年 厄除け・還暦祝祈願のご案内
令和4年7月銅板奉納のお願い

祭典・行事のご案内

令和6年3月・4月に開かれる祭典・行事です。

4月1日 午前4時半おついたちまいり
4月7日 午前10時白山茶会 奉仕 西野宗陽社中 (〜午後2時) ※予定
4月13日 午後1時みそぎ体験(昇殿参拝付) (白山市観光連盟) (〜午後3時半)
4月15日 午前9時半荒御前社常例祭(あらみさきしゃじょうれいさい)
4月15日 午前10時鎮花祭(はなしずめのまつり)
4月15日 午前10時月次祭・交通安全祈願祭
4月28日 午前9時みそぎ体験(昇殿参拝付) (白山市観光連盟) (〜午前11時半)
4月29日 午前10時昭和祭
4月29日 午後2時白山比咩神社創祀之地顕彰祭
国旗

◆祝祭日には国旗を掲げましょう
 − 4月29日(昭和の日)

国旗をお求めの方は、当神社、授与所にてお領ち致しております。

国旗一式初穂料 2,500円

祭典・行事に関するお問い合わせは、TEL(076)272-0680 までお願いします。

お知らせの詳細

【5月16日開催】佐々木忠平 特別講演のご案内

(令和6年4月)

恒例の「崇敬者のつどい」を今年も5月16日に開催します。毎月「おついたちまいり」を永年続けておられる特別崇敬者の皆様をご案内して行われ、今年で70回目を迎えます。
本年は、地元紙の連載記事「また元気出していこう」の執筆者であるロックバンド「めんたんぴん」のリーダー佐々木忠平さんに特別講演を頂きます。また当日は、バンドメンバーと共に数々の懐かしい曲の演奏披露や能登に向けて勇気と希望、そして元気を与えるメッセージを頂く予定です。

演 題「故郷中心の国へ」
講 師ロックバンド「めんたんぴん」リーダー
佐々木忠平さん
開催日令和6年5月16日(木)
時 間入場 12:30  開演 13:00〜14:30
定 員先着300名程度 (全席指定)
料 金入場料無料
会 場白山比咩神社 多目的施設特別会場
申 込申込締切 5月9日(木)

【講師紹介】
昭和26年(1951) 小松市生まれ。
昭和50年(1975) 日本フォノグラムより小松市を活動の拠点としたロック・バンド「めんたんぴん」レコードデビュー。全国各地に赴きライブを敢行する。
平成10年(1998) 21年ぶりに「めんたんぴん」を再結成し、アルバム『Go To Arcadia』を発表。衰え知らずのロック・スピリットを見せつけた。

※会場の都合上、定員で締め切らせて頂きます。
※当日インスタグラムのライブ配信を予定しています。



【一般聴講者のお申込みについて】
神社関係者(月詣り・敬神婦人会会員)優先にてご案内させて頂いております。一般の方々の席については限りがありますので、お電話にてお申込みください。
お申込み締切は5月9日(木)です。応募多数の場合は先着順とさせていただきます。

[お問い合わせ先]
白山比咩神社社務所 〒920-2114 白山市三宮町ニ105-1
電話 076-272-0680 FAX 076-273-0933

みそぎ体験(昇殿参拝付)のご案内

(令和6年3月)

白山の伏流水が満ちる禊場で、当社神職の指導のもと「みそぎ」を体験することができます。境内に禊場がある神社は大変めずらしく、一般の方が禊を体験できるのも貴重なことであります。
体験を通し、お水のもつ力、お水の大切さ、そして心と体を清めることの重要性などを学びます。

みそぎ風景
催 行
予定日
@午前 9時から11時30分
4月28日(日)
5月18日(土)
6月23日(日)
7月28日(日)
8月25日(日)
10月27日(日)
A午後 13時から15時30分
4月13日(土)
5月26日(日)
6月15日(土)
7月15日(月・祝)
8月10日(土)
9月15日(日)、28日(土)
10月12日(土)
11月16日(土)
11月30日(土)
催 行
人 員
5〜20名
料 金 4,400円/人
別途、装束の料金が必要
(お持ちでない方)
男性:ふんどし 2,000円
女性:白衣 7,000円(レンタル1,500円)

[団体でのご予約について]
10名以上の団体の場合、ご希望の日時に体験可能です。但し、毎月1日、年末年始、神社の諸行事日などお受けできません。

[お申し込み・お問い合わせ]
白山市観光連盟 TEL 076-259-5893

白山茶会のご案内

(令和6年3月)
白山茶会

毎月第1日曜日を主として県内各社中のご奉仕により「白山茶会」を開催しています。石川県内の銘菓とお抹茶でおもてなしをします。お気軽にお茶をお楽しみください。(無料)

時 間午前10時から午後2時まで
場 所遊神殿受付ロビー
奉仕日
(予定)
4月7日(日) 西野宗陽社中(小松市西軽海町)
3月10日(日) 永井宗松社中(金沢市東長江町)
2月4日(日) 茶道裏千家淡交会石川青年部

宮司 年頭のご挨拶

(令和6年1月)

宮司  村山 和臣

宮司  村山 和臣 歳の初めにあたり、
御皇室の弥栄と世界の平和をご祈念申し上げます。


昨年は新型コロナウイルス感染症も5月には第5類となりようやく峠を越えたように思いますが、未だに油断はできません。日頃の手洗い、うがい、消毒は忘れず個々の予防に気をつけましょう。
さて昨秋、当石川県にて行われました国民文化祭には、畏くも天皇皇后両陛下行幸啓にあたり、当社に幣饌料の御奉献を賜り、有難き極みでありました。また、文化祭の開会式では、当社舞女による白山神楽「剣の舞」も天覧に供され、この上ない喜びであり、名誉な事でありました。

本年の干支張子「辰」 さて本年の干支は「甲辰(きのえたつ)」であります。
」は、もともと「よろい・かぶと」の意で、草木の種子を覆おおう厚皮のことで、発芽する前の状態を表しています。別名「閼逢(あつほう)」ともいい、木の兄のことで、大樹を表し、春を主つかさどり東方に当たります。
」は、振(ふるう・ととのうの意)で、陽気が動き、雷が声を発し、草木の形が整って活力が旺盛になった状態を表しております。
したがって本年は「甲」と「辰」の特性から時代が大きく変革する中で、今まで誠実に積み上げてきたものが、成功という芽が成長していき、そして姿を整え、実を結ぶ年といえます。


幸い3月16日には、北陸新幹線が金沢から福井県敦賀まで西に延伸し、東京―長野―富山―石川―福井とつながりますので、いよいよ文化の交流と経済の発展を祈念申し上げると共に、更なる白山信仰と白山本宮の重き勤めに励みながら、新しい年が佳き年になりますよう心からお祈り致します。


「厳」

令和6年 厄除け・還暦祝祈願のご案内

(令和5年11月)

厄年は、人生において災難や不幸、大病に見舞われることが多いとされる年齢のことであり、陰陽道の思想が広まったもので、「源氏物語」にも厄年に関する記述があります。
一般的に言われる男女の大厄は、「死に(42)」「さんざん(33)」などに通じることから「本厄」とされ、厄年の前後「前厄」「後厄」を含めた3年間は神社でお祓いを受け、無事に過ごせるようにお祈りする風習が古くから伝わっています。

令和6年度(2024年) 厄除け

■男性
前厄本厄(大厄は25・42歳)後厄
48歳(昭和52年生)49歳(昭和51年生)50歳(昭和50年生)
41歳(昭和59年生)42歳(昭和58年生)43歳(昭和57年生)
24歳(平成13年生)25歳(平成12年生)26歳(平成11年生)
■女性
前厄本厄(大厄は19・33歳)後厄
36歳(昭和64年・平成元年生)37歳(昭和63年生)38歳(昭和62年生)
32歳(平成5年生)33歳(平成4年生)34歳((平成3年生)
18歳(平成19年生)19歳(平成18年生)20歳(平成17年生)

令和6年度(2024年) 還暦祝

61歳(昭和39年生) <男性は厄年>

※いずれも年齢は数え年です。

【2月3日開催】 節分祭のご案内

(令和6年1月)

※今年の開催は終了しました。

※「豆打ち式」開催の有無並びに詳細ついては、決まり次第ホームページ等でご連絡をさせていただきます。

令和6年の恵方は東北東

節分祭

季節の変わり目は、鬼などの妖怪や悪霊が集まり、疫病や災いをもたらすと考えられ、豆を撒くことで自分の家から鬼を打ち払うために、「福は内、鬼は外」と大声で豆を撒きます。
白山さんの節分祭では、疫病退散・無病息災をお祈りし、「豆打ち式(豆まき)」を行います。

日 時 令和6年2月3日(土) 午後2時〜(予定)
会 場 白山比咩神社 拝殿

[お問い合わせ先] 白山比咩神社 祭務課 電話 076-272-0680

【白山市のイベント紹介】白山七社めぐり

(令和6年1月)

※開催は終了しました。

デジタルスタンプラリー開催中!

白山市観光課は、世界ジオパーク認定を受けた白山手取川ジオパークを構成する文化的要素「白山信仰」をPRするために、平安時代から信仰の拠点となる「白山七社」を巡るデジタルスタンプラリーを開催しています。

開催期間は1月31日(木)までとなっています。
スタンプの取得はGPSを活用しており、QRコードなどの専用サイトにつなぎ、登録などをすませ、現地に行くとスタンプを受け取ることができます。
このスタンプには、当社が所蔵する重要文化財「白山縁起(白山之記)」から抜粋した各神社名を使用しています。
白山七社(白山市に鎮座)は、本宮(白山比咩神社)、金劔宮、三宮、岩本宮(能美市岩本神社)、別宮(白山別宮神社)、佐羅宮(佐羅早松神社)、中宮(笥笠中宮神社)であります。


「本宮」旧鎮座地 古宮公園

但し、今回のスタンプの受取は「本宮」は、当社旧鎮座地である古宮公園、「三宮」は現在の鎮座地の白山比咩神社で取得することが出来ます。
スタンプを3つ以上集めると、一里野高原ホテルろあんで御朱印風パンフレットがもらえる特典となっています。
どうぞ歴史ある白山信仰を体感して頂き、さらには冬の白山も楽しんで頂きたいと思います。

【1月15日開催】 どんど焼き(左義長)のご案内

(令和6年1月)

※今年の開催は終了しました。

小正月に行われる火祭りが「左義長」です。「どんど焼き」とも呼ばれ、正月に飾った門松やしめ飾りを、神社に持ち寄って焼納します。燃やすときの煙に乗って、新年に訪れた年神様が天上に帰っていくと信じられています。

どんど焼き

左義長祭
1月15日(月) 午前10時より斎行
小正月の15日に、正月の飾り物などを集めて焼く行事であり、1年の無病息災をお祈りします。

どんど焼き
1月15日(月) 午前11時〜午後2時
(会場:北参道駐車場)
※午後2時を過ぎて受付された分は後日焼納となります。
※前日までに予めお預かりすることも可能です。


[注意事項]
ごく稀に、下記のものを持ってこられる方がいらっしゃいますが、焼納することができませんのでご注意ください。

焼納できないもの
ミカン(橙)、鏡餅(かがみもち)、干し柿、年賀状、手紙、本、写真、ぬいぐるみ、人形、位牌、のし紙、ビン類、陶磁器類、その他の家庭ごみ等
※とくに「ビン類」は破裂して周囲の方がケガをする恐れがありますので、絶対に持ち込まないようお願いいたします。

交通規制ご協力のお願い
左義長祭・どんど焼きの当日は、午前10時より午後2時の間、北参道駐車場及び近隣道路の臨時の交通規制を行います。 三宮交差点から神社への進入は通行止めとし、北参道大鳥居からの進入のみとなります。
場内は一方通行となりますので、交通指導員の指示に従い、ご移動をお願いいたします。ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

●神社内には年間を通して古神札所を設置しております。密集、密接を避けるため、当日ではなくいつでもお持ちください。
●密集を避けるため、どんどの周りで立ち止まる等の行為はご遠慮ください。

交通規制図

ご不明な点がございましたら、神社までお問い合わせください。
[お問い合わせ先] 白山比咩神社 祭務課 電話 076-272-0680 お問い合わせフォーム

【1月14日放映】白山さんがテレビ番組で紹介されます

(令和6年1月)

※TV放映は終了しました。

11月7日にテレビ愛知制作の「アンナとみかんの金沢・加賀ゴールデンなかよし旅」の取材が当社で行われました。
タレントの土屋アンナさんと、ものまねタレントのみかんさんが、旬のグルメと伝統を守り輝く人、輝くモノに出会う旅をテーマに石川県内の観光地を巡りました。霊峰白山の水の恵みに感動するお二人を是非御覧ください。

境内を案内する神職
番組名アンナとみかんの金沢・加賀ゴールデンなかよし旅
放送日 石川テレビ
令和6年1月14日(日) 午後1時〜1時55分
テレビ大阪
令和6年1月18日(木) 午前4時15分〜5時10分

令和6年・安心安全 初詣のご案内 〜白山さんで新年の願いを〜

(令和6年1月)

※今年の開催は終了しました。


初詣授与品頒布開始

1月1日より2月3日の節分までは、新しい年の福運と延寿を祈る「初詣」の期間とします。
12月31日午後11時よりご祈祷の受付を開始し、家内安全・生業繁栄・交通安全・厄除開運・学業成就・合格祈願などの新年初祈祷は、元日午前零時より奉仕します。
なお、令和6年の新年初祈祷の方々への「除災招福金幣」の頒布については、午前3時の頒布祭後からとなります。

初祈祷奉仕時間(予定)受付終了時間
元旦午前零時〜午後7:30午後7:00
2・3日午前7:00〜午後6:00午後5:30
4・5日午前9:00〜午後5:00午後4:30
6日〜午前9:00〜午後4:30午後4:00
※交通規制の為お車の祓いは7日からご奉仕となります。



◆ 交通規制のご案内

白山比咩神社初詣交通規制図

年末年始は神社周辺で交通規制が行われます。期間中は電車、バスの公共交通機関をご利用くださいますよう、皆様のご協力をお願いいたします。

白山比咩神社初詣交通規制図(PDF 約380KB)


銅板奉納のお願い

(令和4年7月)

近年の酸性雨などにより幣拝殿や神門以外の他の建物ぶに屋根の損傷が見られます。
今後順次に屋根の修繕を計画し、神域整備と益々の御神徳の発揚を図りたく存じます。
参拝の折には、ぜひ奉祝の記念として御奉納賜れば幸いに存じます。

銅板記入台
銅板奉納 1口 2,000円  ※1口以上をお願い申し上げます。
設置場所 与所脇・遊神殿ロビー
申込方法 備え付けの封筒に住所氏名を記入頂き、志納箱へお納めください。
尚、郵送申込の場合は、代筆します。

[お問い合わせ先] 白山比咩神社社務所 電話 076-272-0680
お問い合わせフォーム