白山比咩神社に関する平成29年のお知らせを掲載しています。

お知らせ

お知らせ

平成29年のお知らせ一覧

掲載月お知らせの内容
平成29年9月【9月30日開催】秋のみそぎ研修会のご案内  new
平成29年9月9、10月の祭典・行事のご案内  new
平成29年9月平成29年 七五三詣のご案内  new
平成29年5月【白山開山1300年記念】一里野で虹色のアート  new
平成29年5月【新規授与品紹介】護身刀守 (ごしんとうまもり)
平成29年5月白山開山1300年記念映像が完成
平成29年5月第68回 白山比咩神社境内写生大会 作品募集のご案内 (終了)
平成29年5月【6月24日開催】自然を考える 白山開山1300年記念 野口健講演会のご案内  (終了)
平成29年4月つるぎくるりんバスについて (終了)
平成29年4月【白山開山1300年記念特別展示】白山と中西悟堂のご案内 (終了)
平成29年4月【5月20日開催】荒谷 卓さん記念講演会のご案内 (終了)
平成29年1月本宮詣のご案内
平成29年1月年頭のご挨拶

お知らせの詳細

平成29年9、10月の祭典・行事のご案内

(平成29年9月)

平成29年9、10月に開かれる祭典・行事です。

9月1日 午前4時半おついたちまいり
9月3日 午前10時白山茶会 奉仕 岡島宗恵社中 (〜午後2時)
9月14日 午前10時裏千家献茶祭
9月15日 午前9時半交通安全祈願祭
9月23日三宮まつり 子ども神輿巡幸
9月24日 午後1時45分第68回石川県下学童写生大会入選者奉告祭表彰式
9月30日 午後1時秋のみそぎ研修会  9月25日(月)締切
10月1日 午前4時半おついたちまいり
10月2日 午前11時水戸明神秋まつり
10月7日 午前7時白山まつり・薬師祭
10月8日 午前8時白山まつり 獅子舞奉納
10月8日 午前10時白山茶会 奉仕 大島宗翠社中 (〜午後2時)
10月10日 午前10時禊社常例祭
10月15日 午前9時半交通安全祈願祭
10月15日 午後2時抜穂祭
10月17日 午前10時神嘗奉祝祭
10月23日 午前10時豊年講秋季大祭第1日祭
10月23日 午後6時秋季神御衣祭
10月24日 午前10時豊年講秋季大祭第2日祭

祭典・行事に関するお問い合わせは、TEL(076)272-0680 までお願いします。

【9月30日開催】秋のみそぎ研修会のご案内

(平成29年9月)

白山の清らかな伏流水にて“みそぎ”を行い
「心」「身」共に清めて、明日への活力としませんか?

みそぎ風景
目 的 青少年を始め社会人の心身清浄を行い、健全育成を旨とし、
日々の社会奉仕に邁進することに資する。
日 時 平成29年9月30日(土) 半日研修
午後1時受付 → 1時20分参拝 → 1時40分開講式
(4時終了予定)
会 場 白山比咩神社 遊神殿ならびに禊場
対 象 みそぎのできる健康な方、どなたでも参加出来ます。
但し喪中(近親者逝去50日)の方はご遠慮ください。
(当日、参加同意書を記入頂きます)
研修費 半日研修 3,000円 (玉串料含む)
定 員 40名
準備品 ・タオル(体を拭くことができる大きめのもの)
・保険証(写)
・男性は白色ふんどし、女性は白衣
白色ふんどし、白衣をお持ちでない方は事前に購入の
 お申し込みをしてください。研修当日にお渡し致します。
 [男性]白色ふんどし 1,500円
 [女性]白衣  7,000円
※女性用の白衣は下に肌着(キャミソール)やスパッツを着用してもかまいません(柄物は避けてください)。ご不明な点はお問い合わせください。
※白衣は貸出(1,000円)も致しますが、上記のようなインナーを必ず着用してください。
服 装 [男性] スーツ・ネクタイ着用 (開講式、参拝、閉講式)
[女性]それに準ずるもの
締 切 平成29年9月25日(月)

【みそぎ研修会】
・みそぎ研修会は、神社本庁指定の神道行法及び白山比咩神社禊研修要項に基づき指導いたします。
・当社神職が指導いたしますので、初めての方でも安心してご参加ください。
・みそぎ研修会終了後、白山比咩神社修了証を授与致します。
別紙同意書をお読み頂き、署名捺印の上当日必ず持参ください。
 (提出頂けない場合参加をご遠慮頂きます。)

経験者(2回以上修了の方)を対象とし、禊行法指導に代わって禊に関わる座学を実施致します。希望者はお申し込みください。

【お申し込み】
「申し込み用紙(pdf)」をダウンロードし、FAX 076-283-0933にてお申し込みください。
お申込み締切は9月25日(月)です。定員(40名)に達し次第、その時点で締切とさせて頂きます。
また、お電話、Eメール(申し込み用紙に記載)でも受付致します。


[お問い合わせ先] 白山比咩神社社務所 担当 田中
電話 076-272-0680 FAX 076-273-0933 お問い合わせフォーム

平成29年 七五三詣のご案内

(平成29年9月)

お子様の健やかな成長に感謝し、ご家族おそろいでお詣りしましょう。
本年(平成29年)お祝いされるお子様は次の通りです。

3歳数え年で平成27年生まれの男女児
5歳数え年で平成25年生まれの男児
7歳数え年で平成23年生まれの女児
初穂料(ご祈祷料)お子様お一人につき五千円より

【白山開山1300年記念】一里野で虹色のアート

(平成29年9月)

8月5日より白山市による白山開山1300年記念イベント「灯りでつなぐ1300年」が白山市尾添の白山一里野温泉スキー場にて開催されました。
約3万個のLEDライトを使い、鮮やかな虹色と青や水色を基調として、白山の登拝道加賀禅定道や白山からの水の恵みが表現されています。
このイベントは9月30日まで行われます。日没から4時間、自動で点灯します。どうぞ多くの方に足を運んで頂きたいと思います。

期間 8月5日(土)〜9月30日(土)
会場 一里野温泉スキー場

【白山開山1300年記念】第68回白山比咩神社境内写生大会 作品募集のご案内

(平成29年5月)

※白山比咩神社境内写生大会の募集は終了しました。

子どもたちに絵を描かせてみませんか? きっと思い出となります。

境内写生風景
募集期間平成29年4月22日(土)〜9月3日(日) ※最終日は正午まで
対  象幼稚園、保育園児、小・中学校生
題  材白山比咩神社境内とその周辺・白山遠望(場所指定なし)
用  紙5ツ切 44.5cm×32cm ※画用紙代 本年は不要
画  材クレヨン、水彩絵の具など自由 ※画板・絵の具セット貸出有り
応募点数一人3点まで(春・夏・秋それぞれ1点ずつ)
提 出 先白山比咩神社社務所
審  査最終日(9月3日) 午後2時半から

写生風景 ◎賞典
特選、準特選 …各学年から1点
秀逸、優良、佳作 …数点

※特選作品は屏風表装の上、神社にて永久保存します。

◎入選者発表
北國新聞紙上に掲載し、はがきにてご連絡いたします。

◎表彰式
9月24日(日) 午後1時45分から ※参拝後、神社参集殿にて

◎入選作品展
9月27日(水)〜10月3日(火)まで香林坊大和8階特設会場にて展示いたします。

主 催: 白山比咩神社
後 援: 石川県教育委員会・白山市教育委員会・北國新聞社・北陸鉄道・大和・北陸放送・ぺんてる
お問い合わせ: 白山比咩神社社務所 担当 田中 (TEL 076-272-0680)

【新規授与品紹介】護身刀守 (ごしんとうまもり)

(平成29年5月)
護身刀守

当社所蔵の国宝 吉光の剣をデザインしたお守りです。
この剣はコ川家光の養女大姫が四代目加賀藩主前田光高に嫁いだ際の持参品で守り刀とされています。
様々な災難から皆様をお護り致します。

護身刀守 初穂料 1000円

【6月24日開催】自然を考える 白山開山1300年記念 野口健講演会のご案内

(平成29年5月)

※記念講演会は終了しました。

白山開山1300年記念奉祝大祭の予祝として
「白山開山1300年記念 野口健講演会」を開催致します。

野口 健 氏

この度、白山開山1300年の佳節を迎え、来る6月24日(土)に「未来につなぐ霊峰白山『山・川・水』」と題して講演会を開催致します。
石川県、白山市は、「霊峰白山」を自然と人の共生を図る、国際的なモデル地域「白山ユネスコエコパーク」として、今後も白山を取り囲む4県7市村がますます連携を深め、将来を見据えた、地域の持続可能な発展に取り組んでいく活動に力を入れています。
この講演を通して、改めて白山の素晴らしい自然をどのようにして次世代へとつないでいくかということを皆様と共に学ぶ機会となればと考えております。 また講演会終了後、地元の商店、旅館・ホテル等のご協力により、抽選会も開催致しますので、皆様お誘い合わせの上ご来場ください。

演 題未来につなぐ霊峰白山『山・川・水』
講 師野口 健 氏 (アルピニスト・登山家)
日 時平成29年6月24日(土) 13:00〜15:30 申込終了
料 金どなたでも無料にて参加できます
入場整理券が必要です
会 場白山市鶴来総合文化会館「クレイン」
(白山市七原町)

※記念講演会は終了しました。

【お問合せ先】
〒920-2114 白山市三宮町ニ105-1 白山比咩神社まで
電話 076-272-0680 (担当 寺本・小島)

アルピニスト野口健氏は、平成9年と翌10年にエベレストの登頂に挑戦するも、失敗に終わりました。
しかし、当社の寺本祢宜とご縁があり白山比咩神社の御守りを持って、平成11年5月13日に3度目のエベレストに挑戦し、25歳8ヶ月で初登頂し、当時の七大陸最高峰登頂の最年少記録を樹立しました。
その後、平成20年6月に当神社で記念講演を催したところ、野口氏は、白山に登拝された際に、「白山の登山道にはゴミが見当たらない。地元の登山者がゴミを拾い、白山の景観・自然を守っていること」また「登山道をすれ違う時に、『ようこそ』と声を掛けてくれること」が印象深かったそうです。
白山はゴミのない美しい山として知られていますが、昔はゴミの多い山で、昭和40年中頃より「ゴミの持ち帰り運動」を始め、山小屋のゴミ箱は取り払われ、登山者にはゴミ袋を配布し、ゴミの持ち帰り運動を徹底した結果、美しい山・白山に生まれ変わることができました。
このようなことから地元の登山者が県外からきた登山者に対し「私たちの白山にようこそ」という意味として、地元に深く愛されている山であると語られていました。

つるぎくるりんバスについて

(平成29年4月)

鶴来地域の主要観光スポットを周遊する当バスは3回目の運行で、新緑あふれる連休の一日を、鶴来地域の観光スポットを気軽に且つお得に周遊できるバスとして紹介しています。

荒谷 卓氏

4月29日から5月5日までの7日間、鶴来のわくわくスポットめぐりに便利な「つるぎくるりんバス」 が運行されています。
北陸鉄道石川線の発着に合わせて1日9便が鶴来駅前を出発、白山比咩神社やをはじめ、ふれあい昆虫館、パーク獅子吼など、鶴来の見どころをくるりと一回りします。新緑あふれる連休の一日を、鶴来地域の観光スポットを気軽に且つお得に周遊しませんか。

開催日2017年4月29日(土・祝)、30日(日)
5月3日(水・祝)、4日(木・祝)、5日(金・祝)、
6日(土)、7日(日)
時 間1日9便運行
料 金中学生以上 400円 小学生 200円
(1日乗り放題)
詳しくは「パンフレット」をご参照ください。

【5月20日開催】荒谷 卓さん記念講演会「神道と武道の現代的意義」のご案内

(平成29年4月)

※記念講演会は終了しました。

恒例の「崇敬者のつどい」をを新緑の香りも清々しい5月20日に開催します。毎月「おついたちまいり」を永年続けておられる特別崇敬者の皆様をご案内して行われ、今年で63回目を迎えます。
本年は記念講演と致しまして、明治神宮武道場至誠館館長荒谷卓氏をお招きし、「神道と武道の現代的意義」と題して加賀一ノ宮敬神婦人会の皆様と共に拝聴致します。
日本の国防について皆様と共に真剣に考えたいと思いますので、どなたでも気楽にご参加下さい。

荒谷 卓氏
テーマ神道と武道の現代的意義
講 師明治神宮武道場至誠館 館長
荒谷 卓 氏
開催日5月20日(土) 申込終了
時 間開場 12:30  開演 13:00〜14:30
定 員200名
料 金どなたでも無料にて参加できます
入場整理券が必要です
会 場白山比咩神社

[荒谷 卓 氏プロフィール]
昭和34年、秋田県生まれ。東京理科大学卒業後、陸上自衛隊入隊。調査学校、第1空挺団、陸上幕僚監部防衛部、防衛庁防衛局防衛政策課戦略研究室等の勤務の後、特殊作戦群初代群長となる。この間、ドイツ連邦軍指揮大学、米国特殊作戦学校に留学。
大学生時代、松涛館流空手、極真空手等で武術を修練している折、恩師より至誠館を紹介され入門。
平成20年、自衛隊退職後、武道場至誠館専任師範として明治神宮に奉職。平成21年10月、三代至誠館館長に就任。

【白山開山1300年記念特別展示】白山と中西悟堂のご案内

(平成29年3月)

※白山と中西悟堂のご案内は終了しました。

白山と中西悟堂のご案内

白山開山1300年記念特別展と題して、「白山と中西悟堂」展を4月1日から5月31日までの期間開催しております。
中西悟堂は昭和9年、「日本野鳥の会」を創設し、自然保護に力を尽くした人です。
鳥や虫など自然に関する多くの本を出版し、人々に自然の素晴らしさ、大切さを伝えました。
昭和30年に白山は国定公園に指定され、同年に白山を国立公園にしたいと考えた田谷充実石川県知事の依頼を受け、白山の動物や植物、地層の調査を開始しました。その結果、「白山は鳥の多い山としては一級のものである」ことがわかり、昭和37年、白山は「国立公園」に昇格しました。
本年、白山は開山1300年の佳節を迎え、その記念として当社宝物館で、特別展示「白山と中西悟堂」を企画致しました。60歳という年齢を過ぎても、4回に亘って野鳥の調査に訪れています。この展示では、中西悟堂の白山調査時の写真や、自筆の原稿などをご紹介します。
本展示を通して、白山の自然に触れる一助になれば幸いです。
また展示にあたり、金沢ふるさと偉人館協力のもと、中西悟堂氏の貴重な資料をご出品頂きました。
今回の記念特別展示では初公開な資料ばかりですので、どうぞご覧ください。

開 催 平成29年4月1日(日)〜5月31日(水)
時 間 9時より16時(入館は15時45分まで)
会 場 白山比咩神社宝物館

本宮詣のご案内

(平成29年1月)
平成27年 白山初冠雪

平成29年は、白山が開山されて1300年の佳節を迎えました。
この機に、ぜひ全国の白山神社の宮司様をはじめ氏子の皆様方に、霊峰白山の大神様に感謝の誠心を捧げて頂きたく存じます。 皆様方の本宮詣を心よりお待ちしております。
なお、参拝された際には、白山本宮の御札・白山開山1300年記念参拝のおしるしをお頒ち致します。

年頭のご挨拶

(平成29年1月)

宮司  村山 和臣

宮司  村山 和臣 新年あけましておめでとうございます。
平成29年の初春を迎え、御皇室のご安泰と世界の平和をお祈りし、併せて氏子崇敬者各位の弥益々のご多幸を心よりご祈念申し上げます。
さて本年は、いよいよ「白山開山1300年」の佳節を迎えました。この記念事業として、平成26年より3カ年計画で進めておりました白山室堂平(海抜2450メートル)の白山奥宮祈祷殿と社務所の建替及び参籠殿の改装工事も昨秋全て完成し、本年六月の春山で調度品などの飾りつけを終え、来る7月1日の白山夏山開山祭に併せて竣工奉告祭を斎行の予定であります。
改めてこの記念事業にご協賛賜りましたご崇敬各位また工事に関わりました皆様に心から感謝申し上げます。
本宮におきましては、白山が養老元年(717)に泰澄によって開かれた旧暦6月18日にあたる8月9日から11日に白山開山1300年記念奉祝大祭を執り行います。
またこの嘉年に、海上自衛隊最大級の護衛艦が「かが」と命名され、この3月に就役致します。折しも7月中旬には、石川県へ来航されるとの事であり、当社と致しましても白山開山1300年の記念すべき年により一層花を添える慶事と心から喜びに堪えないところであります。

「丁酉」 さて、本年の干支は「丁酉(ひのととり)」歳であります。
「丁(てい)」はもともと丁壮(壮年の男子)と同じ意味で、草木の姿形が充実した状態を表しています。
「酉(ゆう)」は「緧(しゅう)」から出ていて縮むということであり、草木の果実が成熟の極に達した有り様を表します。いとへんに酉)
したがって本年は、今まで積み重ねてきた事柄が、大成する年と言えるでしょう。
動物に例えれば「鶏」に当たり、鶏は古来より長鳴鶏とか尾長鶏と表わされるごとく、人と共に生活をし、夜明けの時を告げる縁起の良い動物であります。
白山開山1300年の年明けにあたり、本年も白山比咩大神様の高く尊きご神徳をいただかれまして、弥益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

【平成29年2月3日開催】 節分祭のお知らせ

(平成29年1月)

※今年の開催は終了しました。

今年の恵方は北北西

節分祭

本年も白山さん(白山比咩神社)で「節分祭・豆まき」を開催します。
みなさんお誘い合わせの上ご参加ください。

日 時 平成29年2月3日(金) 午後3時
参加される方は2時50分までに白山比咩神社遊神殿まで
お集まりください。
会 場 白山比咩神社 拝殿
参加費 無料

節分って何?
節分は季節の変わり目のことで、今日では特に立春(2月4日)の前日のことを言います。
古くから、節分には豆をまいて鬼(悪いもの)をおいはらう風習があります。
白山さんの節分祭ではみなさんの安全・健康をお祈りし、豆まきを行います。
★当たりの福豆を受けた方には恵方巻を差し上げます。

[お問い合わせ先] 白山比咩神社 祭務課
電話 076-272-0680 お問い合わせフォーム

【平成29年1月15日開催】 左義長祭・どんど焼きのお知らせ

(平成29年1月)

※今年の開催は終了しました。

小正月の15日に、古いお札やお守り、正月の飾り物(破魔矢・鏑矢・注連縄・門松)や書初め等をおはらいして焚きあげ、一年の無病息災をお祈りします。

左義長祭  午前10時より斎行
小正月の15日に、正月の飾り物などを集めて焼く行事であり、1年の無病息災をお祈りします。


どんど焼き

どんど焼き  午前11時から午後2時まで
※午後2時を過ぎますと受付できませんので、早めにお持ちください。

[神社からのお願い]
どんど焼きは、神様に感謝を申し上げる神事です。ごく稀に、下記のものを持ってこられる方がいらっしゃいますが、焼納することができませんのでご注意ください。
とくに「ビン類」は破裂して周囲の方がケガをする恐れがありますので、絶対に持ち込まないようお願いいたします。

焼納できないもの
橙(だいだい)(ミカン)、鏡餅(かがみもち)、干し柿、年賀状、手紙、本、写真、ぬいぐるみ、人形、位牌、のし紙、ビン類、陶磁器類、その他の家庭ごみ等


交通規制ご協力のお願い
左義長祭・どんど焼きの当日は、午前10時より午後2時の間、北参道駐車場及び近隣道路の臨時の交通規制を行います。 三宮交差点から神社への進入は通行止めとし、北参道大鳥居からの進入のみとなります。場内は一方通行となりますので、交通指導員の指示に従い、ご移動をお願いいたします。 なお、場内にてどんど焼きを行いますので、長時間の駐車をご遠慮願います。
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

交通規制図

ご不明な点がございましたら、神社までお問い合わせください。

平成29年 初詣のご案内

(平成28年11月)

※今年の開催は終了しました。

〜白山さんで新年の願いを〜

家内安全・生業繁栄・交通安全、厄除開運・良縁成就・学業成就・合格祈願などの新年初祈祷を奉仕しております。 家族お揃いで1年の感謝を捧げ、新しい年の無事と平安を祈願しましょう。

初祈祷奉仕時間受付終了時間
元旦午前零時〜午後8:00午後7:30
2・3日午前6:30〜午後7:00午後6:30
4・5日午前7:00〜午後5:30午後5:00
6日午前8:00〜午後4:30午後4:00
7日〜午前9:00〜午後4:30午後4:00

※交通規制の為、お車の祓いは7日からご奉仕致します。

ご祈祷料五千円より

平成29年 厄除け・還暦祝祈願のご案内

(平成28年11月)

加賀地方では年明け前の12月にご祈祷を受けるのが慣習ですが、全国的には新しい年を迎えてから節分までにお祓いを受けるのが一般的です。平成29年に厄年を迎える皆様、ぜひご参拝ください。

平成29年度(2017年) 厄除け

■男性
前厄本厄(大厄は42歳)後厄
48歳(昭和45年生)49歳(昭和44年生)50歳(昭和43年生)
41歳(昭和52年生)42歳(昭和51年生)43歳(昭和50年生)
24歳(平成6年生)25歳(平成5年生)26歳(平成4年生)
■女性
前厄本厄(大厄は33歳)後厄
36歳(昭和57年生)37歳(昭和56年生)38歳(昭和55年生)
32歳(昭和61年生)33歳(昭和60年生)34歳(昭和59年生)
18歳(平成12年生)19歳(平成11年生)20歳(平成10年生)

平成29年度(2017年) 還暦祝

61歳(昭和32年生)<男性は厄年>

※いずれも年齢は数え年です。

白山開山1300年記念 白山社めぐり発刊

(平成28年11月)
白山社めぐり

この度、社報の「白山社めぐり」で紹介しました白山神社・白山社を纏めた冊子を上梓致しました。また内容は、約2600社の全国白山神社の鎮座地及び白山という名の付く山の紹介などを含めたものとなっております。
こちらの冊子は、白山神社・白山社を掲載させて頂きました宮司様をはじめ、まだご紹介しきれていない全国の宮司様にも送付する予定であります。 この「白山社めぐり」が、全国に広がる白山信仰へのご理解の一助となることを祈念致しております。